ごく普通にお車を運転されていれば、エンジントラブルやお車の故障などいつ起こるかわからないのが現状なのでしょう。中でも、パンクに至ってはそれほど頻繁に起こるトラブルではありませんが、稀に起こるトラブルとなりますので交換の仕方を忘れたり、交換の仕方を知らなかったりしてしまうのです。

それでは、実際にパンクした際にはどのように交換をしたら良いのでしょうか?それは、まず始めにスペアタイヤとジャッキ、六角レンチを用意します。これは、普通のお車であれば誰かが持ち出さない限り、標準に装備してあるのです。次に交換する部分の車輪の内側に、ジャッキがセットできる場所があります。(下から覗いたら凹とつがあるのですぐにわかるのでしょう)その部分にジャッキをセットして、専用工具でジャッキを回し車体を宙に浮かせます。宙に浮いたのを確認したら六角レンチでボルトを緩めて、取っ払いスペアを取り付け同じようにボルト締めを行います。ボルトの増し締めが完了したら、ジャッキをおろして完成です。ですから、お車のトラブルというのは決して他人事ではありません。いつそういった場面に遭遇するか誰もが想像できないことですので、自分でできる範囲の備えは持っておいて欲しいのです。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。