車でお出かけをしていて、出先で故障した時の対処方法を紹介します。
教習所では運転前に運行前点検をすることを学びました。
その際に、クルマの周りに障害物や人がいないかなどや計器類の不具合が無いか、ガソリンが十分か、ボンネットを開けて、エンジンルームの中ではオイル系統の点検、ラジエーターの冷却水の点検、バッテリー液の点検、タイヤ空気圧の点検などの項目を運転前にチェックした記憶がある人が多いでしょう。
しかし、実際にこれを行っている人が一般にどれくらいいらっしゃるかと言えば、おそらくほとんどいないと言っても過言ではないでしょう。
バッテリーが上がってから気が付く、タイヤがパンクしてから気が付くという人が多いでしょう。
とくに、家族旅行などで長距離の走行をしたときに、このような不具合が起こることが多く、突然の不具合ではどう対処していいかわからないことがあります。
教習所で教わったことを思い出してボンネットを開けるにも、最新の車では素人がエンジンルーム内を触れないようになっているものも少なくはありません。
このような場合、速やかにプロのサポートに対処してもらうことが重要です。
JAFや任意保険などにカスタマイズされるロードサービスです。
クルマのどこかに電話番号や不具合時に場所がGPS確認できるようにサポートする企業からもらえるバーコードシールを貼っておくことが良い方法です。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。