走行中に車のトラブルが起こって対処法を誤れば大惨事に陥る危険性があります。しかしそういった時にどう対応すればいいのかを知っておく事によって被害を最小限に食い止める事が可能になります。しかしそれだけでは対処に失敗してしまう可能性もあります。その原因は当事者の精神状態が関係しています。
a0002_005111人はとっさに何かが起こった時や不慣れな状況にいると体が強ばって緊張してしまいます。この緊張というものがとても厄介で、普段出来るはずの事が出来なくなったり行動出来なくなったりします。これがとっさのトラブルの時に起こってしまうと事故に発展する可能性が高くなります。まず、緊張しないようにするには、どんな故障が起こった時にどういった対処をすればいいのかということを全て頭に入れておく事です。故障の原因によって取る行動が変わってくるのでそれらも全て覚えておきます。そうする事によって、いざという時でもすぐに体が動くようになります。これは知っている事による自信が緊張をさせないようにしているからです。どんな事にも共通して言えるのは、経験が無くても知識と自身でカバーできるという事であり、この様な緊急を要する事態でも例外ではありません。